真性包茎は仮性包茎に比べてかかる費用が安いというわけではない

保険適用の治療を選ぶ場合

包茎にも色々な種類がありますが、真性包茎は平常時も勃起時にも亀頭を露出できない状態です。

真性包茎になると病気や感染のリスクも高まりますし、性行為にも支障が出てきます。

そのことで悩む人もいますが、手術をすることで悩みを解消できる人も多く存在します。

真性包茎の治療費は安いといわれています。

その理由については、真性包茎は病気と判断されますので、保険適用の治療を受けられるからです。

保険適用の手術なら比較的安い費用で悩みを解消できます。

症状や選ぶ治療によっても費用は変わりますが、3万円~5万円程度で済むことが多くなっています。

それゆえ、保険適用の対象ではない、仮性包茎に比べると費用は安いと考えている人も多いのではないでしょうか。

真性包茎の治療費は、保険適用の手術を選べば確かに安くすることはできます。

とはいえ、仕上がりの良さを重視して自由診療を選ぶ人もまた少なくありません。

その場合は、仮性包茎よりも安くなるわけではないことは理解しておきましょう。

難易度により治療費も変わる

真性包茎の場合も、自由診療の治療をすることができますが、その場合は仮性包茎よりも高くなる可能性があります。

まず、同じ手術を選んだ場合は、重症度の低い仮性包茎のほうが治療に時間や手間もかからないので安い金額になることも多くなっています。

真性包茎はより重度の包茎になりますので、治療にもより多くの時間が必要です。

さらに、仮性包茎の治療は切開を伴うものだけではなく、かなり軽症の人は切らない治療を選ぶことも可能です。

亀頭増大術も人気の高い治療ですが、軽度ならこれだけでも良い改善が得られる人もいます。

亀頭増大は、切開の必要がなく注射のみでできる治療なので、より費用の負担も少なくなります。

真性包茎の治療は安いものだけではなく、仮性包茎よりも高くなる例が多いことは知っておきましょう。

費用の負担は大きくなりますが、そのかわり手術をしたことがわからないような自然な見た目を得られるというメリットもあります。

まとめ

真性包茎の治療費は安いというイメージもありますが、それは保険適用の手術を選んだ場合です。

自由診療の治療にする場合は、仮性包茎の治療よりも高くなる可能性があることは知っておきましょう。

治療費の負担を考えると保険適用の手術を選びたくなりますが、仕上がりには大きな差もあるといわれています。

見た目の良さも重視するなら、少し高くなっても、質の高い治療を選んでおくほうが良いといえるでしょう。

それぞれのメリット・デメリットをよく理解して最適な治療方法を選びたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です