男性にとって包茎は人にも相談できないような悩みのもとですが、仮性にしても真性にしても治療を希望する場合は手術での治療となります。

仮性包茎は日本人男性に多いといわれていて自分で改善することも可能なのですが、見た目や衛生面など気になる場合は種j津でも治療をすることができます。

治療には高額な費用が掛かりますが、真性包茎の方が仮性包茎よりも安いのでしょうか。

そこで、真性包茎と仮性包茎の違いや自分でできる改善方法、またなぜ真性包茎の方が安い費用で治療が受けられるのかなど、包茎についてわかりやすく解説をします。

真性包茎と仮性包茎の症状の違い

男の子の赤ちゃんは、生まれたときはみな真性包茎の状態です。

ペニスよりも皮の方が長く、亀頭と包皮が癒着しています。

成長するに従ってどんどん癒着が薄れてきて、ペニスも大きくなってくるので思春期ごろにまでには亀頭が露出するようになってきます。

しかし中には、成人になっても皮をかぶったままのことがあります。

その原因は、幼少期に親が皮をむいて亀頭を洗っていなかったり性器いじりをさせなかったりすることや、遺伝、またはオナニーのし過ぎで皮が伸びてしまうなどが挙げられます。

日本人男性には仮性包茎の人が多いといわれますが、仮性包茎は普段は皮をかぶっていても勃起をすると自然と剥けたり、自分の手でむくことができます。

一方真性包茎は、普段も勃起時も皮をかぶっていて自分でもむくことができないような症状のことを言います。

いずれにしても亀頭が露出していないので、皮と亀頭の間に垢がたまりそれが炎症や悪臭を発生させる可能性があります。

それでも自分で皮をむける仮性包茎なら、垢を洗い流すことができるので清潔を保つことは可能です。

それが真性包茎になると、自分では皮をむくことができないので、垢を取り除くことができず衛生面においても悪い状況になってしまうのです。

仮性包茎と真性包茎を改善する方法

包茎を改善する方法としては、自分でマッサージを続けることです。

少しずつでも皮をめくるようにしながらペニスのマッサージをすることで血流が良くなって、栄養が行き届くようになります。

すると移管はかかっても大きくなってきて、皮よりも長くなれば亀頭を露出させることができるのです。

包茎はペニスよりも皮が長いことが主な原因なので、逆の状態にすることで包茎を改善することができます。

マッサージのほかにも、ペニスを増大させるサプリメントを使用する方法もあります。

仮性包茎なら、これらの方法で改善することができますが、そのようなことを長期に試みても、亀頭と包皮の癒着が無くならず包皮口は狭い状態が続くようであれば、真性包茎の可能性が高いので自分の力で改善することは困難です。

それでも改善を希望する場合は、専門医の診察を受けて適切な治療を行う必要があるのです。

仮性包茎の場合は、平時は皮がかぶっていても勃起をすると自然に皮がむけるので、衛生面に気を付ければそれほど日常生活や性生活に支障はありません。

しかし真性包茎の場合は、皮がむけないのでどうしても不衛生になり炎症を起こしたり、性交によって相手の女性に性病を引き起こさせる可能性も出てきます。

それに子どもができないことにもなりかねないので、できれば治療が勧められます。

真性包茎の治療は仮性包茎の治療よりも安いのか

仮性包茎は重症でなければ。

日常生活や性生活にあまり支障はありません。

それに自分で改善することも可能です。

一方で真性包茎に関しては、不衛生になったり勃起しても皮が捲れず日常生活や性生活にも支障が出てきます。

そのため真性包茎の場合は、保険が適用されて安い治療費で済むのです。

しかし、保険が適用するのは泌尿器科での治療だけです。

いずれにしても治療は皮を切開する手術になるのですが、泌尿器科が行う手術は切開の跡が残ったり性器の色が変ったりするので、機能的にはよくなっても見た目はあまりきれいではないのです。

メンズの美容クリニックなどで治療を行う場合は、美容面も考慮されているので傷跡が残らないような手術ができますが、保険適用ではないので安いわけではありません。

安い泌尿器科で治療を受けるか、高額でも美容クリニックで手術を受けるかは本人の希望で選択すればよいでしょう。

仮性包茎に関しては、真性包茎のように日常生活や性生活に支障があるわけではないので、本来は治療の必要がないため保険適用の治療はできません。

仮性包茎でも見た目や衛生面でコンプレックスを持っていて、どうしても治療をしたい場合は泌尿器科かメンズの美容クリニックで手術ができますが、費用は高額になってしまいます。

まとめ

男児は生まれたときはみな真性包茎ですが、成長をするにしたがって亀頭が露出してきます。

しかし大人になっても皮がむけないことがあり、日常生活や性生活に支障をきたすこともあります。

普段は皮をかぶっていても、自分でむくことができたり勃起時に皮がむけるなら仮性包茎といわれ治療の必要はありませんが、どうしても気になるなら手術をすることも可能です。

自分で皮をめくることができなかったり勃起時でも剥けないなら、それは真性包茎といい、炎症を起こしたり病気になる可能性があるので保険適用内の安い費用で手術を受けることができます。

ただし、保険適用は泌尿器科での治療に限ります。